まさかここで起きるとは…
地震・災害は予測できません。万が一の事態に備え、資産と思い出のデータ化・クラウド保存をお勧めします。
データ化・バックアップの必要性

家屋の図面・書類、写真・アルバム等をデータ化

まさか ここで起こるとは、夢にも思わなかった。
こんな大きな被害になるとは思わなかった。
自分だけは大丈夫だろうと考えていた。
被災者の方々の事後感想です。

日本に居住する以上、地震や大型台風からは逃れられません。局地的雷雨のような、地球規模的な気候変動の影響による災害も発生し始めました。地政学的なリスクも増してきていると感じます。災害は予知予測が難しく、突然襲い掛かります。

また、平時は、危機意識が薄れるため、防災の準備等を含め、理解していても、行動していないという方が多いようです。
土地家屋等の資産価値のあるもののデータ化失ってからでは修復できない思い出の写真・アルバム等は平時にデータ化・保存しておくことをお勧めします。
ご自分やご家族が作業を進めることができる方は、平時に作業を進めておきましょう。
時間はかかりますが、それほど難しい作業ではありません。
コンビニにA3 のフルカラースキャナーは設置されています。一枚30~50円でデータ化することができます。
時間がない方、どうすればよいか解らない方は当サービスをご利用下さい。

家屋の大きな図面、見開きタイプの取り扱い説明書等々の書類、バラバラに保管している写真、重いアルバムにしまってある思い出の写真や記念写真等のデータ化を低価格にてお手伝いいたします。家屋のデータは、保管も致します。

インターネット上には保管せず、スタンドアローンのサーバー(コールドサーバー、ネットに常時接続しないサーバー)にて管理致しますので、情報漏洩の心配はございません。
データ化しておいた方が良い土地家屋の図面や書類については、「家スキャン」のページにて、ご確認いただけます。
焼失・紛失してしまうと、再現や復元が難しい写真、アルバム等については、「思い出スキャン」のページにて詳しくご案内しています。

賃貸ビル・マンション図面、書類のデータ化
全国サービスセンター募集
.地震/災害情報