まさかここで起きるとは…
地震・災害は予測できません。万が一の事態に備え、資産と思い出のデータ化・クラウド保存をお勧めします。
制震ダンパーデータ改ざんの波紋は?

2018-10-25 14:37

ニュースで大きく取り上げられた制振ダンパーですが、自宅で使われていたら?という話があるようです。

大型高層マンションですと、使用されている可能性はありますが、

木造住宅や低層鉄骨建築物で使用されているのは稀と思います。

しかしながら、5~10階建て位の賃貸ビルを所有されている方は、調べてみた方がいいかもしれません。

その他にも、免振・耐震という仕組みは多くあります。

多くの震災を経て、基準が変わっているものもあります。

ビル・アパートスキャンでは、ご所有のビル・集合住宅の図面・重要書類のデータ化のお手伝いをいたします。

そういえば・・・と思われた方は、ぜひご実行下さい。

平時の対策が功を奏します。

詳しくはWEBまで。https://homescan.jp/


参照記事
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6300870
突然の避難所閉鎖(北海度地震)

2018-10-25 14:35

巨大地震や大型台風の発生後、必ず起こるのが、災害で影響を受けた建物の話。

自分の財産や賃借しているものですから、居住の権利を主張しがちです。

崩落や倒壊の危険性がある建築物は行政から移動命令が出されます。

人命第一ですから当然です。

他の地域や避難所に移動して、生活を送ることはできますが、

続く余震や豪雨の中で、現場をみられない不安は付きまとうと思います。

現場に戻られたときに、すぐに行動できるように、住居や賃貸ビル・アパート
等の図面・重要書類のデータ化・クラウド保存をお勧めしています。

日本における巨大地震の発生確率は30年以内(明日かもしれません)で80%程度と言われています。

平時に準備をしておけば、いざという時に速やかに行動を起こせます。

詳しくはWEBまで https://homescan.jp/


参照記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00010000-doshin-hok
西日本豪雨から3か月

2018-10-11 12:34

西日本豪雨から3ヶ月が経過し、ようやく仮設住宅への入居が始まったそうです。

これまでは避難所生活だった思いますので、少しは良くなるのかもしれませんが、

元の住居地区の復興は2年間はかかるとのことで、安心の生活を取り戻すには時間が
かかりそうです。

東日本大震災の時も、同じく、仮設住宅への入居は時間がかかり、復興もいまだ完全
ではありません。

未体験の災害となると国や行政サイドも被災者となるため、次に生かす手立てや有効
策を見出そうとします。


我々の側でも事前に出来る事は対処しておき、少しでも復興に役立てることが肝要と
考えています。

土地家屋・ビル等の資産の書類や図面はデータ化し、クラウド保管しておくといざと
いう時役に立ちます。

家スキャンでは、データ化クラウド保存のお手伝いを致しております。

30年以内に巨大地震が起こる確率は80%近くと予想されています。

近隣の外国でも大きな地震が頻発しています。

完全な防災はありません。平時に出来る事をしておくことが最大の努力と考えます。

参考記事
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6299489
「地震活動は当分続く」北海道で震度5弱

2018-10-07 19:09

北海道で地震が継続しています。

気象庁の発表では、しばらく継続するだろうとのこと。

東日本大震災の時も同じでしたが、余震は継続します。

建物の倒壊等には十分注意してください。


建物はそう簡単に倒壊や壊滅するものではありませんが、データ化しておくといざという時役に立ちます。

防災の観点はもちろん、資産相続、リフォーム、売却等々の場面で必要となるものです。

「今じゃなくてもいいかな」

被災者の多くの方が、「まさか自分が」と被災後に話しています。

思い立った時に対策することが最善です。

家スキャンでは、家屋・ビル等々の資産のデータ化のお手伝いをいたします。

参照記事
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181005-00000051-nnn-soci
スラウェシ島でM7.4=津波観測、複数の死者―インドネシア

2018-10-03 18:38

インドネシアで津波を伴う巨大地震が発生しました。

少し離れている地域ではありますが、日本での大地震の予兆と捉えることもできます。

平時に準備できるかが、防災の基本です。

被災者の方々のほとんどが、「ここは地震は何百年も起きていなかった。」

「自分が被災するとは少しも思わなかった。」と語っています。

家スキャンでは、万が一のための家屋や資産の書類・図面等のデータ化・クラウド保存のお手伝いをいたします。

参照記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000130-jij-asia
賃貸ビル・マンション図面、書類のデータ化
全国サービスセンター募集
.地震/災害情報